スポンサーサイト

2016.06.05 Sunday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スタッフ石渡のメンテナンス日記【ヘッド・スナッピーの交換時期】

    2010.04.04 Sunday

    0
      Boa Tarde! Como vai?スタッフ石渡です!おかげさまで、前々回の【コンガヘッド張替え】編が大好評いただいているようです!!ありがとうございます!やー頑張った甲斐がありましたね…
      と、いうことで!今回のメンテナンスのテーマは前回の「スネアBEFORE&AFTER」に続き!
      初級・中級ドラマー向け講座、スネアの「ヘッド・スナッピーの交換時期」についてレポートしたいと思います!
      ちょっと知ってるだけで、いつも最高のサウンドと一緒ですよ!

      (1)

      最初はスナッピー編です。まずは写真(1)をクリックしてご覧下さい!
      あらら…横に大きく開いてしまっていますし、捻れて他の線に干渉してしまっていたり、かなーりヒドイ状態です…悲しい

      このように捻じれたり開いてしまっているスナッピーは、残響が止まらなかったり、逆に鳴らなかったり、サウンドに悪影響を与えてしまいますのでバッド早めに交換するようにしましょう。
      スナッピー交換の目安としては、切れたり捻じれてしまっているのはもちろん、平らなところに置いてみて大きく横に広がってしまっていたり、両手で持って真横から見た時に、大きく下にたわんでいる状態もNGですよ!(文章では加減が伝わりにくいと思いますが、そういうスナッピーは机などに置いたらかなり横に広がったりしますので、わかりますよ。)ボトム側のヘッドを交換する時についでにチェックしてあげましょう。

      次はボトムヘッドですね!写真(1)ではわかりにくいのですが…あららら…。こちらもかなりダメダメバッドなことになってます。
      細かい傷がたくさん入っていますし、伸びきっているので、緩めたらボコボコになりました工具

      ボトムヘッドも、スナッピーを本来のサウンドで鳴らすためには適正に張力が掛かっている状態が必要ですし、ピッチやサステインでスネアサウンドに大きく影響している部分ですので、めんどくさいから!とは言わずに、こちらもこまめに交換してあげましょう。
      ボトムヘッドは、張り続けていると段々と伸びていきますので、そうするとボトム側のリムが沈み込んでいくことになります。
      ボトム側のリムとヘッド面の間が1cm(※)を切ってしまっていたら、交換時期でしょう。そのまま放っておくと、低いピッチのチューニングが出来ませんし、スナッピーの残響も止まりにくくなってしまいます。
      ※お使いののスネアのリムの深さにより、この数字は前後する場合があります。あくまで目安としてお考え下さい。

      さあ!最後はいよいよお待ちかねの打面ですよ!!

      (2) (3)

      打面側もぼこぼこにへこんでしまっています…
      写真(2)ではわかりにくいですが、写真(3)では一目瞭然。緩めてみたらこんなにヘコミが出来てしまっているものなのですね。
      ここまでヘコんでしまっていると、チューニングはどうしても張り過ぎくらいににしないとまともなサウンドは出ませんし、またそうすることで詰まった音になってしまいます。さらに過剰にテンションをかけることはスネア自体にも良い影響はありません。もったいないから!と言って、頑張って使い続けても、あんまり良いコトないですよ〜?!
      打面側ヘッド交換時期の目安は、コーテッドヘッドならばよく叩く部分のコーテッドがはがれて来たくらい、クリアヘッドの場合は、ボコボコとしたヘコミや、白く残った打痕が明らかに目立ってきたら交換したほうが良いでしょう。モチロン、写真のように緩めてみて明らかにへこんでしまったのも、要交換です!

      シェルやシンバルと違い、ヘッドやスナッピーはいわゆる「消耗品」の部類に入るパーツ類です。使い続けても育つ…なんてことはないので、「あれ?なんかいつものサウンドがしないな…」なんてサウンド面の変化や、今回のレポートのように「目で見てわかる」交換時期のサインもあるので、是非参考にして下さい。
      特に始めたばかりの方はどうしていいかわからないことも多いと思いますが、ヘッドやスナッピーの交換は思い切ってジャンジャンやっていきましょう!そうすることでチューニングの練習や、自分の楽器をより知っていくことに繋がりますからね!自分の楽器を常にいいサウンドが出せる状態にしておくのも、良いドラマーのステータスなのです!ではまた!

      downお問合せはこちらからdown
      TEL075-842-0188
      MAILinfo@drumshop-apollo.com

      スポンサーサイト

      2016.06.05 Sunday

      0
        コメント
        コメントする